高換金率が多いAmazonギフト券買取業者の知られざる仕組みとは?

ここ数年の間でAmazonギフト券の買取業者が徐々に増えてきているのをご存知でしょうか。

手元にあるAmazonギフト券などを業者に買取してもらって現金に換えるのですが、多くのギフト券買取業者が高い換金率で買取をしています。

しかしAmazonでしか利用できないギフト券がなぜ高い換金率で現金に換わるのか、その仕組みを詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

そこには驚きと納得の仕組みが隠されていたのです。

Amazonギフト券買取業者はまとめ売りで利益

Amazonギフト券の買取業者の多くが平均換金率90%という高い水準を誇っています。

業者や時期によっては80%前後まで下落することもありますが、それでも高い換金率を誇っているのは間違いありません。

しかしこのような高換金率を保ちながらどのように利益を出しているのでしょうか。

何かグレーなことをやっているのか?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

実は意外と仕組みは簡単でまとめ売りによって利益を確保しているのです。

例えば額面1万円のAmazonギフト券を90%の9000円で買い取ったとしましょう。

それを9500円円で販売すれば儲けは500円です。

少ない利益のように見えますが100枚単位や1000枚単位でまとめ売りできるルートを持っていいれば5万円や50万円の利益をすぐに確保できるのです。

このまとめ売りルートは多岐に渡っており、日本に参入している中国企業に売却したりAmazonを商品仕入れ先としている日本企業、またギフト券買取業者が自社で廉価販売するパターンもあるなど様々です。

つまり高換金率で買取をしてでもAmazonギフト券を集めれば、それをまとめ売りできるルートを確保しているので利益は出るという仕組みなのです。

Amazonギフト券買取業者を利用する際の仕組みとは

Amazonギフト券買取業者がどのようにして利益を出しているのかは分かりました。

では実際に利用する際の仕組みはどうなっているのでしょうか。

実はチケットや新幹線切符などを買い取る金券ショップなどの業者とは少し異なる仕組みとなっているのでチェックしておくと利用の際に戸惑わずに済みます。

ギフト券買取は基本的にインターネット上で全ての取引が行われるようになっており、買取業者も実店舗を構えていないのが特徴です。

これはAmazonギフト券の仕組みが関連していますが、Amazonギフト券はギフトコードによって売買を行う電子チケットなどと同じ仕組みとなっているのでネット上のみで取引が完了するのです。

買取をしてもらう際に必要なのは有効期限内となっているAmazonギフト券で、通常購入日から10年以内が有効期限となっています。

この際に注意したいのはアカウントに登録しないようにすることで、未使用であることが条件となっています。

あとは身分証明賞の画像と買取料金を振り込む金融機関口座が必要となってきます。

あらかじめ顔写真が付いた身分証の撮影ファイルを用意しておき、Eメールに添付して身分証を提示します。

不正利用防止のためにも身分証は必須となるケースがほとんどです。

また、即日振込を希望する場合にはネットバンク口座を用意しておくと即日振り込みに対応してくれます。

申し込みや手続きはネット上で完結するのでネット口座などの準備ができている場合には即日で対応してもらえるなどスピード力がある仕組みともいえるのです。

まとめ

Amazonギフト券買取業者がどのように利益を上げているかなどの仕組みは意外とシンプルな構造になっているのが分かりました。

実際の買取利用の仕組みもネット上で完結するなど簡単で利便性に優れたものとなっており、Amazonギフト買取業者の仕組みは業者と利用者のウィンウィンの関係ではないかと思います。

おすすめ買取業者:買取ボブの口コミや評判